軽費老人ホーム

 家庭環境・住宅事情等の理由により自宅で生活する事が困難な方が低額の入居費用で利用できる事業所です。
軽費老人ホームには、「A型」と「B型」の2種類があります。大きな違いは「食事付き」か「自炊」かになります。

A型 60歳以上(夫婦の場合どちらか一方が60歳以上)で、かつ利用者の生活に充てる事の出来る資産・所得・仕送り等の収入が利用料の2倍程度以下の方であって、身寄りの無い方、または家庭の事情等によって家族との同居が困難な方の生活する事業所です。
B型 60歳以上(夫婦の場合どちらか一方が60歳以上)で、かつ家庭環境・住宅事情等の理由により家庭において生活する事が困難な方であって、自炊できる程度の健康状態である方の生活する事業所です。この事業所の利用者の食事は、原則として自炊による事となっています。

軽費老人ホームを利用するには、直接事業所へお申し込み下さい。

概要

1日のリズム おおよそ8:00前後に朝食、12:00前後に昼食、17:30前後に夕食の時間になり、入浴の時間は事業所によって異なります。クラブ活動をしている事業所もあります。事業所側にお声かけいただければ外出も自由です。
部 屋 単身用と夫婦用の部屋があります。
入 浴 事業所により時間は異なります。事業所により大浴場や温泉などあります。
夜 間 職員が宿直しております。

料金の目安(H29.4現在)

A型 費用は前年収入によって21区分に分かれています
但し11~3月の間は冬期加算金として1,880円追加されます。
例)収入が1,500,000円以下の場合 → 60,210円/月
収入が1,900,000円の場合 → 72,210円/月
B型 居室利用料 単身部屋5,000円~11,000円/月
夫婦部屋10,000円~15,400円/月
使用した分の水道光熱費は各自負担
(基本料が免除や半額の事業所もあります。)